2011年2月和歌山古座川の旅 参加者募集

冬の和歌山県古座川で、いいこと、いいもの見つけ旅

観光客が見たことがない、触れたことがない古座川の魅力に出会う

219日(土)20日(日)または226日(土)27日(日)

仮申し込み締め切り 1月25日(火)

実生の柚子や太地の伊勢海老でお世話になった、古座川の上田さんは、カヌーイストでアウトドアイン

ストラクターです。夏場はにぎわう古座川も、冬はひっそりと静まり返ります。でも、冬には皆の知らない

古座川に出会うこともできます。里には冬も暮らしが息づいているのですから。寂しい冬だからこそ、

皆で出かけましょう。きっと、里の人々は温かく迎えてくださることでしょう。

今回も、車相乗り、仲間旅。参加者みんなで、これぞトラベル食堂の旅といえるような旅を作りましょう。

前回の高知の旅のレポはこちらです。http://travel-syokudou.com/diary/53/

◆日程      A.2月19日(土)20日(日)または 

B.2月26日(土)27日(日)の いすれか 一泊二日

           *古座川は遠いので、早朝から夜まで、目一杯活動です。

           遠いからこそ、日本のふるさとの自然や生活文化や景観が失われ

           ることなく伝承され、私たちに優しさや安らぎをもたらしてくれます。

◆参加料     かかった費用割り勘で、約2万円程度

◆旅行内容(案) ・冬の古座川の自然の景観を楽しむ

            ・地元の方との交流

               地元の川漁師さんの宿に泊まる

               地元の古老猟師に熊狩りの話を聞く

            ・地元の食材を楽しむ

               石釜料理にチャレンジ

               古座川ラーメン冬バージョン(ジビエのスープらしい?)賞味

               実生の柚子に続く、希少な食材の発掘や商品づくり

◆仮お申し込み   参加していただく方がないと、計画倒れになりますので、1月25日を

                                  仮の申し込み締切日とさせていただきます。参加表明していただいた

                                 方々と、旅の内容を詰めてゆきたいと思います。日程A またはB、

                                 ABともに可能、いずれかでご連絡ください。また、車を出していただく方

                                 も募集していますので、よろしくお願い

いたします。